老人ホームでの暮らしを知る

photo image

介護施設(老人ホーム)に入居した後、そのでどのような生活を過ごしていくのか、イメージできますか?
老人ホームへの入居を検討しているが、これまでの私生活では他人との共同生活の経験が少ない方がほとんどで、そんな共同生活が遅れるのか不安に思っている方も少なくありません。最近の老人ホームは、入居者のホスピタリティも重視して、各施設ごとに独自の特徴を打ち出し、他社ホームとの差別化を図っています。入居前に、介護施設(老人ホーム)での暮らしってどんな風に過ごしていくのか、イメージしてみておきましょう。


【 目 次 】

1.)老人ホーム  一日の過ごし方
2.)日中帯の過ごし方
3.)施設への訪問系サービス


1.)

老人ホーム 一日の過ごし方 (一例)

 

時 間 行  動
7:00 起床〜身支度(口腔ケア体操)
8:00 朝 食
9:00 簡単な体操やリビングでの閑談
10:00 ※1)入浴(または余暇)
11:00 自由時間
12:00 昼 食
13:00 余暇の時間(お昼寝なども)
14:30 レクリエーションやお散歩など
15:00 おやつ
16:00 余 暇
17:00 余暇(または※1入浴)
18:00 夕 食
19:00〜 テレビ鑑賞など
21:00 就 寝

※1)入浴…週に2回程度が一般的で、性別や入浴の種類によって午前・午後に分かれることもあります

▶︎目次に戻る


2.)

日中帯の過ごし方



photo image

家族との面会


入居後のホーム(介護施設)での一人生活は、今までの住み慣れた家や家族から離れて生活するとなると、本人にとっては寂しく感じる面も少なからずあるものです。入居者にとって家族との面会や外出などリフレッシュすることは欠かせません。


心身のリフレックス活動


朝起床後に身支度・歯磨きを終えて、朝食前に健康的な体操(ラジオ体操や施設独自の体操プログラムなど)を行い、ゆっくりと体をほぐしていきます。

朝起床後の体を動かす体操は、「介護予防」や「機能回復訓練」の一環としても大切な日常生活プログラムの一つです。心身ともにリフレックスして快適な一日を始めるようにしていきます。

入居者の中には車椅子や寝たきりの方もいます。このような方でも体操が行えるようにプログラムを組んでくれている施設もありますので、積極的に参加していくようにしましょう。

また、施設によっては食事の前に、口の周りの筋肉をほぐし、刺激してあげることで食べる力を維持することを目的に「口腔ケア体操」を行うなどの取り組みを行っているところもあります。このように食事と合わせて「口腔ケア体操」を行っている施設は、嚥下機能低下を抑えるための取り組みに力を入れているともいえます。


家族との面会・外出


「24時間の面会・外出OK」としている老人ホーム(介護施設)もあります。このような時間的制限や自由度の高い外出許可がある施設は魅力的です。本人にとっては好きな時間に好きなだけ外出することができます。また家族にとっても、仕事帰りに立ち寄って顔を見せることもできるようになりますね。病院に入院すると、外出や面会時間に制限があるのが普通ですが、それと比べると、自由度が高いというのは老人ホーム(介護施設)に入所するにあたっての大きなメリットでもあります。

地域(外部)との交流


入居者にとって、日頃の生活の中で外部との接触も良い刺激となります。地域の小学生や幼稚園・保育園児が授業の一環として、また施設見学などで訪問するということも多くの老人ホームで行われています。中には職場体験などの授業で中学生や高校生が施設に訪問するなどの交流を盛んに取り入れている施設も多く存在します。放課後に子どもたちが集まる児童館を併設している施設や、老人ホームの近隣に同系列の運営会社による幼稚園・保育園があるケースがあったりもします。

▶︎目次に戻る


3.)

施設への訪問系サービス



photo image

訪問理美容サービス


定期的に理美容師が「老人ホーム」を訪れてカットやパーマをしてくれる「訪問理美容サービス」を実施していることが多くあります。理美容師が訪問した際は、館内の共有スペースの一角を利用して即席の作業スペースが作られ、入居者が順番にサービスを受けるといったものになります。館内に専用の理美容室を設置している施設もあります。利用料金については施設によって異なるります。
訪問理美容サービス自体は介護保険の対象外となります。(ただし自治体から費用の助成が出るケースもあります。)なお訪問理美容サービスは要介護認定を受けた外出困難な方のみを対象としたサービスとなりますので、比較的健康な方(お元気な方)は、施設近くの理美容店に出かけて行ってもらうというのが通常です。


訪問販売サービス


身体状況によって外出が困難な入居者のために、地域の小売店が老人ホームに訪問販売にやって来てくれることもあります。多くの施設では売店のようなものが設置されていることがほとんどですが、「訪問販売」では、普段は施設内で売られていないような、高齢者向けの衣料品等をはじめ、靴やタオルなどが販売されます。季節の変わり目に提携先の訪問販売者が施設に来て、その時々のシーズンに合わせた商品が販売されることもあります。施設にいながらお買い物ができることは、外出困難な入居者にとってはとても良い刺激であり、また楽しみでもあります。
訪問販売を楽しみにしている入居者は多いようです。

▶︎目次に戻る

 


▶︎介護施設選びのポイント。これだけは押さえておこう!
▶︎入居までの流れ4つのステップ
▶︎施設見学の準備と見学当日のチェック項目


目次に戻る