医療依存度が高い方対応の施設

ここ数年、高齢者に係わる「医療と暮らし」において、高齢者施設と医療機関との密接な連携が、ますます重要になってきています。

しかし、介護施設(老人ホーム)は、そもそも治療を目的とした病院(医療機関)ではなく、あくまでも「その人の生活の場」、つまり「その人にとっての住まい」であるということです。これまで自宅で暮らしていた高齢者が病気もしくは怪我などで病院に入院してしまった場合、その退院後は医療依存度がどうしても高くなる傾向にあり、老人ホーム選びがとても難しくなるということを踏まえておきましょう。


介護施設(老人ホーム)を選ぶ際には、「医療面における受入れ体制」を、よく理解しておくことが重要となります。

1.医療面での受け入れ体制に係わる要件

 

施設の種類 医師 看護師 医療体制の充実度
公的
施設
老人保健施設
特別養護老人ホーム
(非常勤可)
施設により異なる
民間
施設
有料老人ホーム なし
(協力)
施設により異なる
グループホーム なし なし

※介護老人保健施設や特別養護老人ホームといった公的施設では、医師と看護スタッフの「常駐」もしくは「非常勤」が義務づけられています。介護付き有料老人ホームにも看護師が配置されています。健康管理・服薬管理、緊急時における医療機関への連絡、医療サポートなどを行っています。


老人ホームで提供される医療行為は、外部医療機関によるものなので、行える医療行為はある程度制限されています。老人ホームの看護師が、医師の許可を得たうえで行える医療行為は以下のとおり。

老人ホームの看護師が行える医療行為
インシュリン注射 「胃ろう」などの経管栄養
褥瘡(床ずれ)の処置 在宅酸素
たんの吸引 人工呼吸器の管理
中心静脈栄養

看護師がいない場合、施設の介護スタッフが看護師に代わって行います。
その場合の介護職員が行える医療行為は以下のとおりとなります。

老人ホームの介護スタッフが行える医療行為
体温測定 6 在宅酸素
血圧測定 7 服薬介助
消毒、絆創膏の貼り付け等 8 座薬の挿入
軟膏の塗布 9 鼻腔粘膜への薬剤噴射の介助
5 湿布の貼付  

ただし、「認定特定行為業務従事者」の認定を受けた介護福祉士であれば、「胃ろう」などの経管栄養や、「たんの吸引」を行うことができます。しかし、現段階でそれらに対応できている施設は、ごくわずかというのが現状です。


介護施設(老人ホーム)を選ぶ際には、「医療面における受入れ体制」を、よく理解しておくことが重要となります。

2.医療依存度が高い方の介護施設選びのポイント

 

介護施設(老人ホーム)を選ぶ際には、「医療面における受入れ体制」を、よく理解しておくことが何より重要です。医療依存度が高い方(在宅医療)の場合、身体の状態に応じ、以下の項目を抑えて介護施設(老人ホーム)選びを進めていくようにしましょう。

●医師・常勤の看護師による健康管理体制がある
●看護師が24時間常駐している
●医療機関とより関係を強化した連携がとれているか
●クリニックが併設されている
●医療機関との送迎サービスがある
●経管栄養(胃ろう)や、たんの吸引の資格をもった介護士がいる
●看取りの対応が可能である


3.身体状況に応じた介護施設選びと留意点

 

末期がん


痛みを抑える医療用麻薬を使用することが多いため、24時間看護体制の老人ホームか、
または、健康管理室に看護師が常駐している施設が望ましいです。

気管切開/胃ろう・腸ろうなどの経管栄養


「たん吸引」が必要なため、24時間看護体制が整っている老人ホームが最適です。もしくは、その資格をもった介護士がいる施設である場合、看護師が滞在する健康管理室を備えていることが望ましいといえます。

重度の床ずれ


壊死部分の処置を定期的に行う必要がある場合、看護師が滞在する健康管理室を備えた老人ホームが望ましいと言えます。さらに言えば、看護師が「床ずれ」への対応力に定評があれば尚良いと考えられます。

インスリン注射


24時間看護師が常勤しているか、インスリン注射が必要な食事時間帯に看護師が勤務している老人ホームが望ましいです。

在宅酸素、胃切除、栄養制限


在宅酸素の受け入れ実績がある施設であれば安心できるでしょう。胃切除の場合は分食対応が可能であるかどうか、栄養制限がある場合であれば、禁止成分の対応は可能かどうか等を確認しておようにしましょう。

人工透析

透析クリニックへの送迎手段があるかどうか(定期運行のバスや施設での送迎の有無)、透析病院との連携があり、急変時には入院可能であること、さらには塩分や水分などに万全の注意を払っており、ご本人に合った食事内容であるかなども確認しておくようにしておきましょう。

中心静脈栄養(IVH)


病院との医療提携が万全か、往診医がIVHを取り扱うことができるか、看護スタッフがIVHの対応に慣れているかなどを確認するようにしておきましょう。


4.その他の身体状況に応じた受入れ状況と注意点


常時の点滴が必要な場合は、24時間看護体制の介護施設(老人ホーム)が相応しいでしょう。もしくは往診医が点滴に同意している訪問看護ステーションと連携が計れている施設も良いかもしれません。

非常時に人工呼吸器の電源を確保できないなどの問題から、人工呼吸器が必要な方を受け入れている介護施設はごくわずかなのが現状といったところです。また、皮膚疾患の疥癬※を患っている方の場合は、一般的に受け入れが不可となっています。完治すれば入居が可能となります。(※疥癬…ヒゼンダニ(疥癬虫、Sarcoptes scabiei)が皮膚の最外層である角質層に寄生し、人から人へ感染する疾患のこと)


5.医療機関との連携について


有料老人ホームの「設置運営標準指導指針」に関して、“入居者の病状の急変等に備えるため、あらかじめ、医療機関と協力する旨及びその協力内容を取り決めておくこと”とあります。(厚生労働省/平成30年4月2日付け改正内容)

それらを受けて、各介護施設(有料老人ホーム)では、協力医療機関が看護師を通じ、定期健診、健康相談、健康面のアドバイス、諸々の医療行為を行っています。しかし、その医療行為の内容やクオリティは各施設によってそれぞれ異なります。医療機関との関係をより強化した契約を結んでいる施設や、建物内あるいは敷地内・近場にクリニックを併設している施設、また、対応が迅速な施設など、さまざまな特徴を活かしたスタイルがあります。

6.緊急時の対応について

救急対応可能な医療機関や、必要なときには優先的に入院できる医療機関と協力関係がある介護施設(老人ホーム)は、緊急時の対応が充実していると考えられます。また、クリニック併設タイプの介護施設(老人ホーム)であれば、医療機関への移動距離が少ないというメリットなどがあります。さらに、これら介護施設(老人ホーム)と併設されているクリニックが、同一法人という場合は、スムーズな情報共有・連携により安心感と安全性がさらに担保されます。